MDB(医療データベース)の日本アルトマーク

 
MDB(医療データベース)の日本アルトマーク
 
 

日本アルトマーク 沿革

1962年(昭和37年)
株式会社日本市場調査協会としてマーケティング・リサーチの調査票等の集計・解析等を手掛ける。
1972年(昭和47年)
医師の研究開発などを促進するためのクリアリングハウス構想の実現を目指してスケルトンとしての全国医師医療施設コンピューターファイル(略称DCF)を作成。このDCFが今日のデータベース事業の基盤に。
1983年(昭和58年)
PMS(市販後調査)の調査票の入力及び集計解析を受託。現在はモニタリングなども行うCRO(医薬品開発受託機関)事業として発展し、当社の事業の一翼を担う分野に成長。
1990年(平成2年)
究極のデータベースマーケティングを戦略目標として確立するため、社名を株式会社日本アルトマーク(Ultimate Marketing Creator)に変更。
2007年(平成19年)
株式会社日本アルトマーク 東阪合併
2013年(平成25年)
CRO事業をシミックPMS株式会社へ譲渡
2013年(平成25年)
4月株式会社NTTドコモとの資本提携合意、5月よりNTTドコモグループへ参画。
現在