メディカルデータベースについて|株式会社日本アルトマーク

メディカルデータベースについて

メディカルデータベースについて

メディカルデータベースについて

メディカルデータベース(MDB)は、全国の医療機関及びそれら施設に勤務する医師・薬剤師等のマスターデータとして、医療・福祉・保健等の分野に限定した企業や団体を対象とした会員制によって構成され、
「共同利用・共同メンテナンス」の仕組みにより構築・運営しています。

現在は、日本の製薬企業、医療機器企業、医薬品卸などの医療関連企業約230社が会員企業として加入しています。MDBは当社独自のメンテナンスシステムにより、精度、鮮度、網羅性の点で、会員企業にとって重要なデータとなっており、MDBの施設・医師の「コード」は、会員企業の共通コードとして重要な役割をはたしています。

  • MDBの会員制・共同利用についての詳細はこちら
  • MDB倫理委員会についてはこちら