新入社員座談会(総合職)|株式会社日本アルトマーク

新入社員座談会(総合職)

新入社員座談会(総合職)

新入社員座談会(総合職)

新入社員(2018年4月 新卒入社) 座談会

Youda Koichi 

Kurisu Kaori

メディカルプラットフォームサービス部

(以下、MPS部)

MDB営業部


就職活動のとき、医療業界の他にどんな業界をターゲットにしていた?

Youda業界は特に絞らずにいろんな業界を見に行っていました。当時の自分は、「何か新しいことを始めたい」と思っていたため、知らない業界に行ってみようと思っていました。

Kurisu:私も全く絞らずに見ており、医療業界はアルトマークだけでした。


選考での印象に残っていることはある?
Youda他社の説明会では、「うちの会社に来て!」というアピールがすごく、良いことばかり言っていることに疑問がありましたが、アルトマークはとてもフラットでした。

Kurisu最終面接では、自己PRをしっかり聞いてくれたことが印象に残っています。また、選考過程の面接官も良い人ばかりだったので、漠然とですが、良い会社なんだろうなと思っていました。
面接がマニュアルっぽくなく、学生の人となりや雰囲気等を見て質問をしてくれているように感じました。


アルトマークに決めた理由は?
Youda:私は民間企業を受けながらも、公務員になることも考えていたので、内定をもらった時は迷っていました。アルトマークから「あなたの将来なので、じっくり考えてください」と言われ、すぐに結論を求められなかったときは、個人のことを尊重してくれ、すごく考えてくれるのだな感じたことを記憶しています。

Kurisu:私は、他社の内定も持っていましたが、アルトマークは事業基盤がしっかりしており、面接や意見交換会を通じて働いている人の雰囲気が良かった印象があったため、アルトマークへの入社を決めました。


入社後、5か月間はビジネスマナーやデータメンテナンス業務、営業同行などを経験する研修期間がありました。体験してみてどうだった?
Kurisu:私は現在、営業部に所属しているのですが、お客様に「どうやってメンテンスしているの?」と聞かれることがあります。そのような質問に対しても、研修期間にデータメンテナンス業務を経験したことが活かされ、簡単ではありますが、回答することができます。実際にメンテナンス業務を経験してみて良かったなと思う瞬間です。

Youda:会社についてじっくり勉強できる時間や環境があってよかったなと思っています。医療業界やアルトマークの事業について5カ月間かけて学んだことで、全体像が見えたので、配属後にスムーズに業務に取り組むことができました。MPS部では、MDBの知識があるからこそ、できることがあると感じています。また、それが自分自身の強みになるのではと思っています。


今後の目標を教えてください。
Kurisu:直近の目標としては、ひとりで担当を持てるようになりたいと思っています。説明だけでなく提案までできる営業になりたいです。

Youda:私も早くひとりでお客様のところへ行ってMEDYのプロモーションができるようになりたいと思っています。そのために、まずは、MEDYの運用を理解して、ひとつの仕事をひとりで回せるようになりたいです。

Kurisu:その先の目標としては、MDBを通して多くの会員様を多方面からサポートできるようになりたいです。会員様に頼っていただけるMDBでありたいと思っています。

Youda:私はMEDYに携わっている一員として、MEDYを業界のオンリーワンにしたいです。また、MEDYは成長中の事業なので、MDBに並ぶぐらいの立ち位置にできたらと思っています。



学生へのメッセージ
Youda:私は就職活動中に、周囲が気になり焦ることもありました。就職活動は自分の人生において、とても大切なことなので、周囲に影響されず、落ち着いてゆっくり考えることを心がけていました。 内定をもらうことは大切ですが、ゴールではありません。その会社に入社したら何がしたいのか?どうなりたいのか?が大切です。不安な気持ちはあると思いますが、じっくり考えて選択することが重要だと思います。

Kurisu:面接では、自分がその会社でどんなことをやっていきたいのかを明確にしていることが大切だと思います。良い子を演じすぎず、自分のことを自分の言葉で言うこともポイントかと思います。