C3(Channel Code Center)|株式会社日本アルトマーク

C3(Channel Code Center)

C3(Channel Code Center)

C3(Channel Code Center)

C3とは

 日々の販売データ処理に際し、卸各社ごとに異なる卸納入先コードに対し、当社が一定基準のもとでMDB施設コードに変換し、デイリーで納品するサービスです。

  C3の特徴とメリット

 ■ C3は高品質なマスター管理を効率的かつ安定的な運用で実現しています。
 ■ C3は統一業務マニュアルでナレッジを共有・蓄積し、変換ルールのバラつきを是正しています。
 ■ C3当社の専属スタッフを二重化、三重化して業務を平準化しています。
 ■ C3は専属スタッフによる業務研修だけではなく、お客様と勉強会を実施するなどして、ご納得・ご安心を
    いただけるよう計画的にコミュニケーションをとっています。
 ■ C3は定期的に既存の変換テーブルを見直して、整合性のチェックを行っています。

  C3会員様からの実際の声

  ■ 卸納入先コードとMDBコード変換作業の精度のバラつきがなくなった 
  ■ MDBの管理もアルトマークがおこなっているため、適正に登録されるようになった
  ■ 属人的なスキルに頼らず、運用ができるようになった
  ■ 運用するためのリソースが削減でき、より貢献度の高い業務へシフトするこで社員の生産性が向上した

C3の費用対効果

想定コストとの比較

C3は月額固定料金です。
変換作業は各社平均で1か月当たり1.5人相当の稼働量が発生すると言われています。
人件費以外にも業務管理コスト、システム運用コストが発生しています。




【不安要素の解消】

・共同購入窓口、SPD(院内物流)、小口配
  送等の拡大等の医療品流通経路の複雑化に
  よる、納入先管理の課題を解決します。

・導入前の事前準備で、過去のマスターを照合
  します。

 

【C3の実績】

 システムマッチング率80%以上

・受領したデータは当社の照合システムを用い
 て80%以上を自動的にマッチングします。

・新規口座でMDB未登録の施設は、できる
  限り当日に<DBコードを発番し、対応付け
 を行っています。

※MDB登録を行う場合は、MDB新規登録条件を満たしている施設に限られます。




お問い合わせはこちら